2008年04月04日

電球型蛍光灯の点滅

 1200fpsで撮影するには相応の光量を必要とする。特に屋内では被写体に照明を接近させた方が良い。ミルククラウンを撮影した際に、得られた動画が少しチカチカ点滅していることに気付いた。この時は電球型蛍光灯を被写体に近づけた。電球型蛍光灯はインバータ式なので、その点滅速度は相当速く1200fpsでは観察できないはずだ。ところが、インバータ式でない蛍光灯と同じ120Hzで点滅している。

 居酒屋ガレージ日記に点滅をフォトトランジスタとオシロスコープで測定した結果があり、それによると電球型蛍光灯はインバータ電源の容量に余裕がないので大元の60Hzの影響で倍の120Hzで光量が変化しているとのこと。器具にインバータ回路が内蔵されているタイプでは電源に余裕があり、120Hzでの変化量は小さいようだ。

 で、ミルククラウン撮影で用いた電球型蛍光灯を1200fpsで撮った。


 やはり少し点滅している。

 では、白熱電球ではどうだろうか?


 これも少し点滅している。白熱電球はもちろん120Hz(60Hzの倍)で点滅するはずだが、フィラメントの加熱・冷却に遅延があり、120Hzに追随できずに点滅はほとんどしないと思っていたが、この映像を見る限り、点滅を観測できた。

 1200fpsで高速撮影する際は、「点滅しない」照明を選ぶ必要がある。


 オマケ。白熱電球で撮影した「動かない」被写体^^; やはり点滅。


過去記事で既出の結果を2つ。

 インバータ式でない蛍光灯。120Hzで点滅。


 天井据付のインバータ式蛍光灯。電球式と比べて、電源容量に余裕があるのか、点滅は確認できない。

posted by kimi at 00:58 | 奈良 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
電球型蛍光灯の点滅だけでなく、白熱電球でも
点滅が見えるのですねぇ。
知らなかった。

いろんな表示器のダイナミックスキャン、きれいに
見えそうですね。
電車やバス前面に付いている集合LEDの行き先表示
や駅の案内板。
液晶表示だと無理かな。
Posted by 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) at 2008年04月05日 09:47
JH3DBOさん。白熱電球だと、電圧変動との間に位相遅れがあるのかが気になります。高速カメラだけじゃ分かりませんけど。

LED表示板のスキャンは試したいと思います。
Posted by kimi at 2008年04月05日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92163028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。