2008年07月09日

LED表示板を1200fpsで見る

 以前にコメント欄でリクエストがあった街中のLED表示機を1200fpsで撮影した。スキャンが見えるのか?

 バスの行き先表示を1200fpsで。


 道路にあるLEDの電光掲示板を1200fpsで。


 スキャンしている様子は分かるが、1200fpsでもまだはっきり見えない。 上の2つは1200fpsで撮影したものを30fpsで再生し1/40倍速のスローモーション。以下に示すのは再生速度を6fpsに落として1/200倍速で見えるように変換したもの。6000fps「相当」だが、コマ数が6000fpsあるわけではない。




 中途半端に同期しているように見えるのは、カメラが追随できていないせいだろう。1200fpsと言ってもたった1.2kHzなので、電子回路の動作周波数と比べればまだまだ遅いと言うことだろう。
posted by kimi at 00:42 | 奈良 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102471994

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。