2008年06月30日

LED信号機の点滅

 LED式の信号機を1200fpsで撮影した。

 意外にも点滅している。10コマで1周期なので、点滅周波数は120Hz。ここ関西の交流周波数60Hzの2倍。でもなぜ点滅? 省エネのため? 全波整流からコンデンサを省いてLEDに直結するとこうなる?

 こちらは従来の電球式の信号機。

 上と同じ1200fpsで撮ったが、全く点滅していない。
posted by kimi at 23:58 | 奈良 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おぉ。 LED信号、みごとに点滅していますね。
平滑コンデンサを省いているからなんでしょう。
ビデオカメラのフレーム周波数と同期すると「信号が消えている」なんてことに。
車載のビデオレコーダで問題になっているんでしたね。
Posted by 居酒屋ガレージ店主(JH3DBO) at 2008年07月01日 09:16
JH3DBOさん。ドライブレコーダーで問題になっているようですね。この記事を書くときに検索して初めて知りました。

平滑コンデンサを省くついでに整流ブリッジも省いてLEDに直結しても60Hzで点滅するだけだと思うのですが・・。さすがに60Hzではチカチカ感じるのでしょうね。
Posted by kimi at 2008年07月01日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101900834

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。